水キムチの漬け汁で鯛を煮付けてみました

水キムチの漬け汁で鯛を煮付けてみました

水キムチの植物性乳酸菌は、通常のキムチの数十倍とか何とかテレビでやってたようです。そして、キムチは美味しい。そのまま食べるだけでなく、調味料的にも使えます。

美味しいし、体に良いのに、残念ながらスパーなどで売っているキムチの原材料の表示を見ると、いろんなものが入っています。やはりキムチは、専門店で買うしかありません。

運良く、家から自転車で15分ぐらいのところにキムチ専門店があるので、週一で買いに行っております。いろんなキムチがありますが、水キムチは特に美味しい。基本ですしね。

水キムチはもちろんですが、水キムチの漬け汁も魅力です。当然、水キムチを漬けると漬け汁が発生するわけですが、商品にする時には漬け汁が余るそうです。

 

水キムチの漬け汁

そして、余った水キムチの漬け汁は、このキムチ専門店の社員の人の争奪戦となるらしい・・・とのこと。実際に購入しても、食べ終わると当然に漬け汁が残るわけです。

これを煮込み料理の出汁に使うと、非常に合います。特に海鮮関係。海老や牡蠣など。今回は、鯛を煮込んでおります。味の調整は塩だけで。これは、間違いないですね。