馬肉カレーは全体で100分、で柔らかく

馬肉カレーは全体で100分、で柔らかく



グラスフェッドビーフを一度試したことがありまして、リピートはしなかったわけですが、確かに硬かったのが一番の理由です。それ以上に、美味しく食する方法を考えようという意識を持つまでにならなかったのですね。

グラスフェッドだったら、ラム肉もあるし。そう言えば、馬も草食動物。ということで、馬肉を試してみようとなりました。調べてみたら穀物飼料も使用していたのですが、それは馬の健康を考えて工夫しているようなので、良しとしようと。

馬刺しに使った端っこの小間切れ肉、赤身と若干の筋っぽさ。なので煮込むことにします。煮込みということでカレーに決めました。ひたひたの水にニンニクを放り込んで煮込み、アクを取りながら、途中で八丁味噌とヨーグルトを混ぜたものを加えます。

玉ネギを柔らかめに炒めてから加え、全部で100分ぐらい。馬肉も柔らかくなった感じ。最後に普通の赤い缶のカレー粉を適量、で完成です。