せっかく小麦粉関係を食するなら、今回は塩フランスパン

せっかく小麦粉関係を食するなら、今回は塩フランスパン



例の「最強の食事」では、「ズルをする日」という表現だったか、普段は食べない「小麦粉関係」を食べることもあります。まったく口にしないのは、精神的にも宜しくないかも。

前回はソーメンでしたが、確かに一時的に太ります。もちろん、1日ちょっとで戻りますが。継続的な摂取が問題なだけで。

それでも1日だけの「小麦粉関係」、2週間に1回ぐらいのことだから、当然ながら美味しいものをチョイスしたいものです。

ということで、今回は好きなパン屋さんの、その中でも一押しの塩フランスパン。これは美味しい。香ばしく、適度な歯ごたえ。バターの香りも魅力的。

そう言えば、以前にテレビで、普通のご飯よりもチャーハンの方が太らないって話をやってました。油でコーティングされると、糖の吸収がゆっくりになるからとのこと。

ならば、バターたっぷりの塩フランスパンは、食パンとかよりも糖の吸収がゆっくりということになるのでしょうか。そんな気がしますね。