ダイエット

1/3ページ

おからはシンプルな味付けで美味しい、そしてダイエット効果あり

おから、です。先日、テレビでおからパウダーを紹介していたら、通販サイトのおからパウダーは軒並み売り切れになっていた。しかし、やはり料理として、普通におからを食べたいと思います。 私は1960年生まれですが、子供の頃「おからが大好きな素浪人」花山大吉をテレビで見ておりました。花山大吉がおからを食べるときの、「おから、おから」と連呼しながらの理性を失った食べ方は、今でも印象に残っています。 おからは水 […]

鶏もも肉と塩麹で、冷たい春雨を食す

  • 2018.09.02

夏はヒンヤリとソーメン、冷やし中華・・・となると、見事に体重も体脂肪率も高くなる今日この頃、私はまたも春雨を食しております。 レジスタントスターチやレジスタントプロテインが最近ちょこちょこと登場しておりますが、春雨はレジスタントスターチの代表選手なわけです。 だから春雨は、当然ながら冷たい春雨がよろしい。太めの国産春雨で、イメージとしては冷麺的な料理として完成させます。 味付けは、今回は塩麹。鶏も […]

サバの水煮缶は生味噌とハチミツで、全部冷めたままで

今回も弁当、サバの水煮缶がメインです。サバの水煮缶が良い、とは飽きるほどテレビの健康番組で見ているわけですが、実際にサバの水煮缶はよく食べます。 結局のところ、一番安心感がある、というところでしょう。DHA・EPAは大切、だが高温で酸化しやすい、新しくないと酸化しやすい。酸化したら悪さをする側に回る、みたいな。 それが、どの程度で酸化するのか?、風味が悪ければ酸化なのか?などと、これは素人には分か […]

馬肉 の味噌煮込みは米麹の白味噌、これにキムチが雰囲気

前回は馬肉でカレーを作りましたが、今回はシンプルに味噌煮込みです。例によって馬肉はヒタヒタの水で、5・6個のニンニクとともに煮ていきます。あまり煮立たせないように。 こまめにアクを取りながら、頃合いを見て、玉ネギを放り込みます。頃合いって適当ですが、煮始めてから30分ぐらいでしょうか、これは好みもありますが。 あまり煮過ぎると、玉ネギもドロドロになっちゃいますからね。形は、肉じゃがに入れるときの切 […]

玄米は4年間食べ続けていましたが只今休憩中、バランスですね

玄米は体に良い、ダイエットに良い、昔ながらの健全な食事、というイメージがありますね。精米したときに削ぎ落とす栄養素は、まるで古い良き日本の文化を削ぎ落としているようです。なんちゃって・・・。 私も、約4年ほど玄米を食べ続けました。過去形になっておりますが、ここ一年ほどは食べておりません。少し休憩、只今は精米された無農薬米を食しております。 4年も食べて、玄米が良くなかったというわけではなく、要はバ […]

ノンメタポーク のモモ肉をシンプルに塩茹で

私が食べている肉(魚)は、何を食べて育ったのか?・・・ということで、グラスフェッドビーフだったり、先日からは馬肉を食べているわけですが、ノンメタポークもその延長線上というわけです。 発酵エサによって腸内フローラを整えられた、健康的な豚。メタボじゃない豚、ノンメタポーク。まぁ、実際のところ、サシが入った霜降りの牛肉もメタボな牛なのでしょうし。 第一回目はモモ肉、元々が脂身の少ない部位です。赤身の部分 […]

馬肉カレーは全体で100分、で柔らかく

グラスフェッドビーフを一度試したことがありまして、リピートはしなかったわけですが、確かに硬かったのが一番の理由です。それ以上に、美味しく食する方法を考えようという意識を持つまでにならなかったのですね。 グラスフェッドだったら、ラム肉もあるし。そう言えば、馬も草食動物。ということで、馬肉を試してみようとなりました。調べてみたら穀物飼料も使用していたのですが、それは馬の健康を考えて工夫しているようなの […]

ししゃもの煮付けは簡単で美味しい

  • 2018.07.11

動物性タンパク質の食品を高温で、つまり焼いたり揚げたりしないこと、これは肉でも魚でも同様です。ただ理由は違いますね。ザックリと言えば、肉はAGEの発生、魚はDHAの酸化のリスク。 ということで、ししゃもを煮付けております。画像では分かりにくいでしょうが、煮付けです。黒酢と少量の水で煮込みます。煮付けという調理法は、当たり前ですが100℃を超えません。もちろん焼くのが一般的ですが、まずは焼くよりも簡 […]

シナモンを薬味にして、オーツ麦とヨーグルトの弁当

  • 2018.07.09

お昼の弁当、サラメシってヤツですか。オーツ麦です。これにヨーグルトを合わせるわけですが、オーツ麦はパッサパサなので、普通のプレーンヨーグルトではモッサモサになってしまいます。 かと言って、普通の飲むヨーグルトではサラサラのパシャパシャになって、まったく美味しくありません。家での食事ならば、いろいろと混ぜることで対応できますが、弁当ならば、そうはいきません。 唯一、オーツ麦に合うのは、ちょうど良いと […]

豚肉とキムチ、昔は炒めで今は蒸し焼き

  • 2018.07.07

豚肉とキムチと言えばキムチバラ炒め、でしたね、以前は。モヤシとニラを加えて、濃いめの味付け。マヨネーズも参加すれば、さらに濃厚に。 今では豚肉の脂身も「善」という立ち位置になりまして、豚バラ肉もOKの時代になりました。キムチバラ炒めで「悪」の部分を考えると、それは強火で炒めることでしょう。 かつては(かなり昔の、かつて)「善」と思われていたリノール酸の取り過ぎ、及び油の酸化の懸念があります。少量の […]

1 3