朝食で摂取するタンパク質は、ほぼアーモンドに頼っています

朝食で摂取するタンパク質は、ほぼアーモンドに頼っています

先日、NHKのクイズ番組で、というか「チコちゃんに叱られる」で見たのですが、人類が虫歯になるようになった原因は料理を作るようになったから、とのことらしいです。

料理を作るようになる前とは、人類が火を使う以前にまでさかのぼるわけです。少し前に流行った(?)狩猟採集の時代の食生活を実践する、「パレオダイエット」の考え方に近いのでしょう。

ざっくりと言えば、猿のようにその辺のものを手に取って、そのまま食べる生活、それが本来の姿であり、現代人の食生活には多くの「余分なもの」が含まれていて、それが招いた結果が肥満であり、不健康であるという意味でしょうか。

猿が手に取って食べる代表格が、ナッツ類と言えるのかもしれません。米や小麦・野菜は過熱が必要・・・とは言えナッツ類も、そのほとんどがローストしてありますが・・・。

アーモンドなども、生食では毒素みたいなのに注意が必要なわけですが。たぶん人類が猿っぽかった時代なら、生でも平気で食べていたでしょうね。

ここ数年、ローストしたアーモンドを月に1㎏ほど食しております。画像のアーモンドは500g、これを2個入りを通販で購入しております。朝食に摂取するタンパク質は、ほぼアーモンドです。