ししゃもの煮付けは簡単で美味しい

ししゃもの煮付けは簡単で美味しい



動物性タンパク質の食品を高温で、つまり焼いたり揚げたりしないこと、これは肉でも魚でも同様です。ただ理由は違いますね。ザックリと言えば、肉はAGEの発生、魚はDHAの酸化のリスク。

ということで、ししゃもを煮付けております。画像では分かりにくいでしょうが、煮付けです。黒酢と少量の水で煮込みます。煮付けという調理法は、当たり前ですが100℃を超えません。もちろん焼くのが一般的ですが、まずは焼くよりも簡単なのが良いです。

サバやイワシのように脂がのっている魚は、焼けば当然その脂分がかなりの高温になるというリスクがあると思います。ししゃもを煮るのも、その意識を徹底するという部分で。

それと最近、「今までの常識は違う」的な健康番組を見ることがあって、魚卵はコレステロールには悪、というのも否定されているようですね。まぁ、とりあえず、ししゃもを黒酢と水で煮付けると、簡単で美味しいのは間違いありません。